らぁめん甚兵衛は東大阪の荒本にあるお店です

甚兵衛の紹介

甚兵衛の紹介

甚兵衛の名前の由来

東大阪で地域の偉人伝「中甚兵衛」は江戸時代に実在した人物です。
当時、氾濫を繰り返した大和川を、現在の柏原市から堺の大阪湾へと付け替えた立役者。
川の付け替えによって洪水に苦しんでいた村の人々を救い、田畑を大きく増やすことに成功しました。治水計画を50年にわたり幕府に懇願し、工事を指揮した農民「中甚兵衛」が、今の安全な大和川へ変えたのです。
後には河内木綿の生産などで、商都大阪の発展に結び付くことになった大事業です。
東大阪に生まれ育ちこの地をこよなく愛する私にとって、皆さんにもっと地元に誇りを持って、東大阪への愛着と誇りとを育みたいという思いで「らぁめん甚兵衛」と名付けました。
東大阪発展のため、精一杯頑張っていきます。どうぞ末永くご愛顧のほどよろしくお願いします。

店主 小野寺 幹

画像の説明*

甚兵衛のこだわり

甚兵衛のこだわり 画像の説明

ブランド京地どりを使用した鶏ガラスープ

京地どりといえば、京都県が推奨するブランド地どり。大自然の中、時間をかけてじっくり育てた京地どり。
脂肪が少なくモモの赤みが強く歯ごたえのある鶏肉です。女性のお客様に人気の鶏スープ。コラーゲンたっぷりで、美肌にも効きそうです。

powered by Quick Homepage Maker 5.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional